〒969-3526 福島県喜多方市塩川町諏訪町2-56

0241-27-3121 0241-27-7936

info@koubou-aizu.co.jp

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  東京でパレットをオーダーメイドしたい方、木製のパレットを製造・販売する業者をお探しの方

東京でパレットをオーダーメイドしたい方、木製のパレットを製造・販売する業者をお探しの方

東京でパレットのオーダーメイドや製造・販売をする業者をお探しの方

東京パレットオーダーメイド製造販売をする業者をお探しの方は、【こうぼう会津】へお問い合わせください。福島県喜多方市にある会社から、東京や千葉、埼玉など、関東近郊にも対応しており、ご希望するサイズや機能面でのオーダーメイドを承るほか、リサイクル品を処理・メンテナンスした中古パレットの製造・販売も行っています。

会社や工場で使うための木製のパレットをお探しなら、【こうぼう会津】にお任せください。

木製だけではない!パレットに用いられる素材

東京でパレット(木製)の製造・販売・買取りが可能な業者をお探しなら

パレットは、木製のほか紙製や金属製、プラスチック製が主流です。木製のパレットは、木材の不足と価格の不安定という点が不安要素として挙げられますが、価格が安く積荷が滑りにくいため、世界的に最も普及している素材です。紙製にはファイバーボードやダンボールが用いられ、ほかの素材と比べて強度の面で劣りますが、省資源やエコといった点で注目されています。

金属製のものには鋼やアルミが用いられ、強度や耐久性、成形のしやすさといった点で優れていますが、価格や重量は負担が大きくなりがちです。プラスチック製は、積荷を傷めることが少なく、衛生面や耐水性、軽量、造形や着色のしやすさといった点で優れています。

金属やプラスチックは、積荷やフォークとスリップしやすかったり、補修や処分がしにくかったりするため、安全性や環境について特にしっかり配慮する必要があります。会社や工場で環境やコスト面でメリットのあるパレットを用いるなら、木製を選んでみてはいかがでしょうか。

東京でパレットの買取りを依頼するなら

東京でパレットの買取りを依頼するなら

東京でパレットの買取りを依頼したいとお考えの方は、【こうぼう会津】にお任せください。会社のある福島県を中心とした東北中南部、関東甲信越、北陸地区、関西地区での処理に対応しています。現物を確認した上で打ち合わせを行うので、適切な引き取りが可能です。

引き取りの際はトラックを手配してお客様のところまで買取りに伺います。パレットの処分にお悩みの方、木製パレットのリサイクルに興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

東京でパレットの買取りをお考えなら【こうぼう会津】

会社名 株式会社こうぼう会津
本社所在地 〒969-3526 福島県喜多方市塩川町諏訪町2-56
本社電話番号 0241-27-3121
本社FAX番号 0241-27-7936
URL http://koubou-aizu.co.jp