〒969-3526 福島県喜多方市塩川町諏訪町2-56

0241-27-3121 0241-27-7936

info@koubou-aizu.co.jp

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  不要になったパレットの有効活用法

不要になったパレットの有効活用法

不要になったパレット。ただ燃やして廃棄されてしまうのではなく、環境保全に貢献できる活用法はないでしょうか。こちらでは、不要になったパレットの有効活用法をご紹介します。

東京や神奈川、千葉など都心部は、自動車の排気ガスや二酸化炭素の排出問題が懸念されている背景もありますので、押さえておきたいところです。

チップ化による活用

これまでゴミとして燃やされるだけだった木製パレットをチップ化し、バイオマス燃料として活用する取組みが行われています。

バイオマス燃料とはパレットを含めた木のクズのほか、食品の生ゴミ・動物のフンなど、動植物の持つエネルギーを燃料として活用しようというものです。
温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を抑えられ、石油燃料に代わるものとして導入が進められています。

譲り受けによる活用

少量ながらも、運送業や物流業者などで働く従業員が譲り受けるなどし、一般家庭で活用されるケースもあります。
木製パレットは、ガーデニングの演出に最適です。隙間に苗を植え、隙間から草花が顔をのぞかせる姿はとても可愛らしいです。

パレットを壁に固定しフックを取りつけると、ガーデニング用品をオシャレに収納できます。さらに家具としても活用でき、マットレスの下におけば、涼しげでカジュアルなベッドフレームになります。譲り受けたパレットは、一般廃棄物として処理できますのでご安心ください。

リサイクルによる活用

弊社では不要となった中古パレットを買取りして破損個所などの補修を行い、リサイクル品として販売しています。リサイクルで息を吹き返したパレットは、新たなお客様にご使用いただくという流れです。ただ燃やされて廃棄される予定だったパレットが、本来の荷役の役割を取り戻すのです。これこそ最良の有効活用法と言えるのではないでしょうか。

千葉などでパレットを有効活用したいなら

千葉などでパレットを有効活用したいとお考えでしたら、どうぞ弊社へご相談ください。常に安定的な供給ができる中古パレットの製造会社ですから、安心してご依頼ください。さらに弊社では、オーダーメイドでお客様のニーズにあったパレットをお作りすることもできます。買取り・販売についてのご質問はお気軽に問い合わせください。

 

千葉エリアに対応する木製パレットの買取り・販売・リサイクル【こうぼう会津】 概要

会社名 株式会社こうぼう会津
本社所在地 〒969-3526 福島県喜多方市塩川町諏訪町2-56
本社電話番号 0241-27-3121
本社FAX番号 0241-27-7936
URL http://koubou-aizu.co.jp
サービス 中古パレット・木製パレットの販売、買取り、リサイクルなど
説明 千葉エリアにて木製パレットの買取りや販売、リサイクルのことなら【こうぼう会津】へ。不要になった中古パレットを買取り、リサイクル加工を行い販売しております。オーダーメイドパレットのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。